シックハウス症候群とは



よく耳にするシックハウス症候群とは何か知っていますか?

その正体は、近年住宅を高気密化することや

化学物質を放つ建材や内装材を使用することにより

新築や改築後の住宅などを中心に、

化学物質による空気汚染により居住者に様々な症状が起こる事を言います。


その症状は多様で、未解明の部分も多くあるという事です。


健康障害としては主に

・目、鼻、喉の痛み

・めまい、吐き気、頭痛

などがあります。


原因となる物質としては

気密性の向上として使われる接着剤等に含まれる

ホルムアルデヒドや、

床下のシロアリ駆除剤などに使われる

クロルピリホスなどがあります。


シックハウス症候群かもしれない…

と思っても床や壁をすぐに工事するという事は

難しいかもしれません、そんな時にすぐにできる対策としては


●できるだけこまめに換気をする

●窓を閉める時は台所の換気扇やお風呂の換気扇などを回すようにする

●通風に配慮する(窓と反対側の窓を開けるなど)

●汚染空気は近くで換気する(料理場・タバコ等)

●屋外の汚染空気を取り入れないようにする

などなど…


名前は知っていてもその原因や対策など

知らない方も多いかと思いますので

ぜひ参考にしてみてくださいね。




6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示