タンクあり派?なし派?



皆さんのお家のトイレはタンクあり?なし?

見た目がスッキリするのはもちろんタンクレス。 その代わり、手洗い場をトイレ内に付けるなど

工夫が必要にもなってきます。


停電でも使えるのはタンクあり。 災害の時に電気が無くても使えるのは

とても大きいですよね。


じゃあ自分の家に合ったトイレとは…?


今回はタンクレストイレとタンクありトイレ

両方のメリットとデメリットをまとめてみました。


タンクレストイレ

〇掃除がしやすい 〇見た目がスッキリ

×水圧が低いと設置できない場合もアリ ×停電時に不便。水を流すにも電気を使用するので 停電時にはバケツなどで水を流す必要アリ ×トイレ内に手洗いを設置する必要アリ ×タンクありに比べると少々お高いです


タンクありトイレ

〇停電時でも水を流せる 〇水圧に関係なく使用できる 〇タンクレスに比べて価格が安い 〇手洗い付きなので手洗い場を設置する必要ナシ

×スペースが狭くなる ×デザイン性はイマイチ ×隅々まで掃除がしにくい ×水が溜まるまで流せない



最近ではタンクありの場合でも

トイレ内に手洗い場を設置する方も多いとか

2階のトイレなど近くに洗面所がない場合だと

あると便利ですね!


これからお家を建てる方や

トイレを替えようかな…と悩んでいる方は ぜひ参考にしてみてくださいね♪

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示