用途地域について



用途地域とは、土地の在り方を決める基本的なものであり

市街化区域については、少なくとも用途地域を定めるものとし、

市街化調整区域については、原則として用途地域を定めないものとされています。


では、どのような用途地域があるか

確認してみましょう♪



第一種低層住居

専用地域

低層住居の専用地域。

住宅のほか、学校、公衆浴場、診療所

50㎡の兼用住宅等に限って建築できます。



第二種低層住居

専用地域

小規模な店舗の立地を認める

低層住居専用地域です。

第一種低層住居専用地域の適格建築物の他

150㎡以内の店舗に限り建築できます。



第一種中高層住居

専用地域

第一種低層住居専用地域の適格建築物の他

病院、児童厚生施設、500㎡以内の店舗など

建築できます。



第二種中高層住居

専用地域

必要な利便施設の立地を認める

中高層住居の専用地域。

1500㎡超え、または3階以上の事務所

店舗などの建築を禁止。



第一種住居地域

大規模な店舗、事務所の立地を制限する

住宅地のための地域。

50㎡超えの工場、火災危険性・公害発生危険性のある工場

50㎡超えの自動車車庫、金庫などの建築物は建てられません。

また、パチンコ屋、カラオケボックス、

3000㎡超えの事務所、店舗等の建築物も

建てることはできません。



第二種住居地域


住宅地のための地域。

50㎡超えの工場、火災危険性、

公害発生の恐れがある工場が建築できません。

300㎡以内の自動車車庫は可能。



準住居地域


自動車関連施設等と住宅とが調和して

立地する地域。

自動車車庫、150㎡以内の自動車修理工場の

建築が出来ます。



近隣商業地域


近隣住宅地の住民の為の店舗や

事務所等の利便の増進を図る地域。

劇場、映画館、キャバレーは建築不可。



商業地域


店舗、事務所等の利便の増進を図る地域。

150㎡超えの工場火災危険性、

公害発生のある建物を建てることはできません。



準工業地域


環境の悪化をもたらす恐れのない

工業の利便性を図る地域。

個室付浴場に類する一定の建築物の禁止。



工業地域


工業の利便増進を図る地域。

ホテル、キャバレー、個室付浴場

劇場、学校、病院等は建物を建てることはできません。



工業専用地域


工業の利便増進を図るための専用地域。

住宅、店舗、図書館、ボーリング場

パチンコ屋、老人ホーム、一定の運動施設不可。



以上、さまざまな用途地域があります。

土地を購入する前に確認してみましょう!




17回の閲覧0件のコメント